金湘通

国家のターゲットをしぼった貧困支援政策、普恵金融の呼びかけに応えるため、微智全景は建設銀行湖南省支店、湖南銀聯支社、湖南聯通支社と強いタッグを組め、金湘通という市民サービスを打ち出しました。微智全景「旺POS 3」のスマート商業端末に基づき、提携先と共に多機能営業所を構築することによって、新たな「商店+金融+通信+物流」というプラットフォームを作り上げ、ルートと資源の整合を実現し、多くの農村顧客に市民サービスを提供します。

微智全景の「旺POS 3」によって、銀行は「金湘通」普恵金融営業所の優位に立脚して、多くの農民友人にさらなるモバイル金融サービスを提供し、積極的に農村の金融生態圏を構築し、農民が外に出なくても金融サービスを受けられるようになります。営業所は農業現金の引き出し、小口の預金、振り込み、カード決済などの一般的な金融サービスを提供するだけでなく、聯通SIMカードの作り、通話料の徴収、聯通電子券の消費、物流の配達、中継サービスなどの非金融サービスも提供することができます。「旺POS 3」は農民の小口資金の引き出しニーズに応えるだけでなく、                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            「旺POS+金湘通カード+建設銀行のアプリ」というマーケティングモデルを構築し、県エリアサービスのラスト1メートルが利用できるようになり、多くの農民が外に出なくても安全、便利、高効率の金融サービスを受けるようになります。

2016年7月下旬までに、建設銀行湖南省支店はすでに各県エリア・郷・鎮に377個金湘通サービスポイントを配置し、衡陽地区80%以上の郷・鎮をカバーしました。現在、金湘通の利用状況は良好で、特に電気・水道料金の代納機能は多くの利用者に認められています。7月末までに、各金融機能を開通した商店は201戸に達し、取引件数は7115件に上がり、取引額は2281万元以上に達しています。そして、代納件数は2679件であり、取引額は34.82万元となりました。

よりよく多くの農村利用者にサービスを提供するため、微智全景は金湘通の社会保険料代納などの各機能を最適化し続け、より良いサービスを提供していきます。