招商銀行

今回の協力会社は招商銀行株式会社クレジットカードセンターです。戦略的提携を結んだ双方は商業スマート端末「旺POS 3」と招商銀行を利用します。微智全景は設備の全方位的な管理・サービス・メンテナンスを担当しています。招商銀行は業務の開拓に専念します。この協力モードは、招商銀行のクレジットカードの設備メンテナンスによる圧力を軽減し、彼らを軽装して出陣させて、多くの利用者とより順調に協力することができます。「カードなし決済」の登場につれ、インターネット金融が銀行への衝撃は小売業に集中し、その中で一番衝撃を受けた一環は決済に間違いありません。インターネット金融によるモバイル決済の成長につれ、利用者は新しい決済習慣を身につけました。カウンターでカードを出す必要がなく、携帯を使っていくつかのステップをクリックすれば、ごく短い時間で支払いを済ませることができます。これは、銀行クレジットカードのカード決済の発展空間がますます狭くなっていることを示しています。招商銀行が直面する問題は、どのようにクレジットカードユーザーのアクティブ度・使用率を高めることです。シーンのレイアウトでクレジットカードのポイントを活用。その時、招商銀行利用者のクレジットカードには多くのポイントが貯まり、十分に利用されていませんでした。普通の利用者は、ポイントを使って指定された商品を交換します。しかし、商品にはコストがあり、その中の運賃は銀行にとっても相当な費用となっています。これらのポイントを活用すれば、クレジットカード利用者のアクティブ度・使用率を高めることができるのでしょうか?しかし、招商銀行のクレジットカードが直面するもう一つ大問題は、外部消費シーンのレイアウト。ポイントを使って外部で多くの価値がある商品、例えば飲食券、コーヒー、デザートなどと交換できます。外部の消費シーンを開拓するには、決済ルートのポート問題を解決する必要があります。以前のやり方はPOSルートとレジを作ることでしたが、モバイル決済時代においてはこの方法はまったく通じません。第一に、従来のPOSはモバイルインターネット時代におけるモバイル決済の新しいニーズに応えられなくて、その操作が複雑で、反応が遅く、トレーニングコストも高く、重要課題となっています。第二に、レジのPCは一部のモバイル決済のニーズに応えるが、レジスタが色々なウインドウを使い、カード券番号を手で入力する必要があります。また、ネットの不安定、動きの遅さなどの問題に直面し、利用者の待機時間を増やすだけでなく、消費体験にも影響を与えます。このような状況を背景に、2014年に招商銀行と接触し始め、今年は何回の検討を通じ、双方の協力を全面的にアップグレードしました。「旺POS 」は銀聯のあらゆる安全認証を持っていて、同時にレジカード券の審査承認などの機能を備えています。双方が話し合った後、招商銀行のニーズと「旺POS 3」の機能を考慮した上で、ポイント審査承認、ポイント権益交換など新しい解決策を見つけました。招商銀行のクレジットカードがすでに開発したスキャン決済技術と結合し、飲食券・ギフトカードでオンラインとオフラインの市場を開拓し、ポイント交換の特恵と便利を利用し、全国の各都市に設置された商業スマート端末「旺POS 3」に基づき、「仮想通貨」の概念を明らかにしました。ポイントを仮想通貨としてモバイル決済の壁を打ち破ります。喫茶店、火鍋料理店、スイーツ店などのエリアで、「掌上生活アプリ」を通じ、「旺POS 3」端末の「掌上執事」をスキャンして、ポイントで支払うか、特典のあるギフトカードで支払うか二つの選択肢があります。余った決済額は「旺POS 3」で支払うことができます。審査承認から決済まで一括で受け入れ、現金で支払う必要がなくて、ユーザー体験がきわめて良いです。利用者に福祉を提供するだけではなく、より重要なのは、多くのクレジットカードユーザーの貯蓄ポイントを活用し、ポイントで支払ったら足りない金額はクレジットカードで払い、同時にクレジットカードの消費を促進し、一挙三得なことです。

招商銀行にとって、安全、知能は考えなければならない重要な要素です。周知のごとく、銀行が金融と決済革新を行う基礎は安全であり、信頼できる決済ルートのポットがないと革新することができません。「旺POS 」は提携の機種として、全面的に銀聯の各新しい安全認証を取得し、そして革新的に中国のパスコードアルゴルをアップグレードしました。招商銀行の特殊なニーズに対して開発された「掌上執事」は銀行の要求に合致しており、招商銀行クレジットカードのポイント権益の交換やカード券の審査承認などの機能を備えています。そして招商銀行の商業ニーズに対してシステムの運営維持・サービスを提供します。商業スマート端末の使用シーンを拡大しました。今、微智全景は「食」、「服」、「遊び」、「楽」、「旅」などの消費シーンを中心に、生活・消費・金融を含んだ多様なシーンを構築しています。今回の協力で、招商銀行に設備の管理・サービス・システムの運営・維持を提供し、業務・設備ネットワークの負担を軽減させます。そして、私たちも機会に恵まれました。新しい小売業を背景に、決済分野及び商業スマート端末のソリューションにおいて、絶えず改良を加えていくことができます。「旺POS」の特徴は、強力な機能と使いやすさです。また、iFとレッドポイント賞を獲得した工業デザインの美感も備えるため、利用者の第一選択となりました。これは第一線に働く従業員の操作を標準化させ、利用者の消費体験を高めました。双方の協力は、招商銀行クレジットカードの地位を強化させるだけではなく、利用者により便利で、人にやさしい決済体験を提供し、取引の過程で利益も与えることができます。科学技術は、仕事をより楽にします。これは、ただの建前ではありません。