問題点

  • 辺鄙なところでは、市民が水道代、電気代を支払うのにかかる時間コストと交通代は高い。
  • 過疎化しているところで生活サービスセンターを運営するのはコストが高く、利用客のカバー率が低い
  • 生活サービスセンターの機能とサービス種類は限られ、手続きも複雑。
  • 日常生活向けサービスの種類が多くて、統一されたシステムと設備が足りない。

微智全景の解決策

  • 一台の知能移動端末で生活サービスセンターに取って代わり、コストが下げられ、便利
  • 4G全網通、WiFiとブルトゥースでネット環境を確保でき、オンライン・オフライン決済に対応できます。
  • 各支払い業務をワンストップで解決、業務範囲を広め、お客様の使用体験を向上した。
  • データ管理機能はデータをクラウドにアップロードでき、注文の管理と保存を便利にした。

導入事例