微智天工について

北京微智天工物聯網技術有限公司(以下微智天工と略称)は世界をリードするハードウェア会社です。利用機関、業界パートナーなどに「商業用インテリジェントなハードウェア+専門的な商用UI+旺収銀+微智クラウドプラットフォーム」を融合したサービスをご提供しています。弊社は研究開発、生産、販売、サービスを提供しています。製品は中国全土、北アメリカ、中東、アフリカ、東南アジアなど60の国と地域で販売されています。製品にはPOS、智能決済端末、ワイヤレスデータ端末、AI智能端末があり、飲食店、小売業、スーパー、ホテル、電商、物流、医療などの業界でご利用いただいております。

主力製品

ハードウェア

ソフトウェア

クラウドサービス

社員紹介

王集森

微智全景副総裁兼微智天工総裁

王集森は電子工学科を卒業、主にIC設計を専攻しました。国家863プロジェクトである「国産通用CPUチップの設計」に加わったことがあります。王集森は20年間のコンシューマーエレクトロニクスと業界用電子製品の研究開発の経験を持っております。三つの会社を創立、100件以上のハードウェアを研究開発、また市場に出しました。彼は経験豊かなハードウェアとサプライチェーンの専門家です。

微智全景に働いている間に、王集森は微智全景最初のインテリジェントPOSの研究開発チームを作り、第一世代のインターネットインテリジェントPOSである旺POS2を開発、また、次世代のPOS製品の開発計画の立案を主導しました。

微智全景副総裁兼微智天工総裁として、王集森は会社の経営戦略転換、研究開発計画の制定、業務開拓といった重大戦略の制定者と執行者です。

馮桂森

チーフエンジニア

かつて徳信無線と晨讯希姆通北京支社に勤め、携帯ソフトウェアの開発とチーム管理を担当、チームを率いて、国内外の30のスマホ向けソフトウェアの開発をしました。お客様は松下、シャープ、クアルコム、Sonim、锤子科技,海尔,海信,宇龙などがあります。

馮桂森は2018年8月に北京微智天工物聯網技術有限公司に加わり、チーフエンジニアを務め、主にソフトウェアの規格、製品の認証、重要顧客への対応を担当して、会社の主力製品である旺UI、旺収銀、支払いSDK、マルチ金融取引センター、微智雲などの開発及び市場投入に力を入れてきました。