微智金服について

成都微智金融信息服務有限公司は2016年に設立、主に支払いシステムの運営、支払い技術の研究、ビジネスにおける人工知能技術の応用革新に取り組んでいます。各場面の支払いシステム、支払いシステムの運営、ビジネスデータの処理などにおいて、独自の技術と製品を持っております。弊社は国内の主要な金融機構、大型通信会社と戦略的な協力関係を結び、また、いくつかの中堅企業に製品とサービスを提供しています。

主業

クラウドペイ

統一したQRコード決済システム

モバイルウォレット

主要メンバー

袁学

微智全景共同創立者の一人/副総裁、微智金服総裁

2005年西南財経大学を卒業して、金融学学士号を授与されました。袁学は金融、支払い業務において、豊かな経験を持っており、中国銀聯に12年間勤めました。2007年から2016年まで中国銀聯電子研究員項目責任者、製品責任者、中国銀聯四川支店市場部部長、中国銀聯スマホ決済部市場開発部部長、中国銀聯製品部成都創新基地部長などを歴任。責任者として、銀聯公共決済解決方案、市場開発、業務範囲の拡大、電子商取引における中国銀聯スマホ決済業務の提携、銀聯決済システム、銀聯ポイント交換システム、小型電商会社向けシステムの建設に携わってきました。中国銀聯に在職していた時、中国人民銀行全国科学技術進歩二等賞を獲得、また、全国「市場之星」、「創新之星」、「突出貢献個人」、「年度突出業績獲得者」などの称号を与えられました。中国銀聯核心人材データベースに入選、中国銀聯内部研修指導教師に任命され、いくつかの国家特許権があります。

厳昊

微智金服総裁副総裁

成都信息工程大学を卒業、中国銀聯四川支社に勤めていた時、四川地域における銀聯スマホ決済業務の開拓及び四川省ICカードシステムなどの建設を担当しました。 厳昊は2016年1月に成都微智金融信息服務有限公司に入社、副総裁を務め、のちほど会社の共同創立パートナーになり、決済代行会社との提携、決済業務の市場開拓を担当しました。2016年から2017年まで、微智運営本部の管理職を務め、ゼロから運営本部の建設をスタートして、微智グループに完成度の高い運営システムを構築しました。在職中、2016年銀行カード「96費改」、ウェーチャット・アリペイの切り替えなどの歴史的な出来事を経験して、豊かな決済運営経験を持っております。決済業務において、決済業務を決済代行機関に接続させ、決済方法を広めました。「旺码付」、「旺云宿」といった新商品の市場開拓に参加して、よい成績を収め、鋭い市場観察力と製品の創新意識があります。現在、微智金服の国際業務の開拓を担当しています。

趙行雲

微智全景共同創立者の一人/CEO、副総裁

電子科技大学計算機科学・技術及び技術ソフトウェア工程学部を卒業、修士。成都 微智金融信息服務有限公司の製品開発、運営を担当しています。中国銀聯股份有限公司電子支払い研究院、モバイル決済部門、製品部門に勤めていました。「人民銀行(省部クラス)科学技術進歩二等賞」、「優秀社員」、「突出社員」、「優秀プロジェクト」などを獲得しました。核心人材データベースに入選。また、中興通訊股份有限公司、成都嘉納海威科技有限責任公司に勤めたことがあります。中興通訊に在職していた時、3G HLR製品の信頼性試験の責任者として、何回も会社に表彰されました。嘉納海威に在職していた時、会社のいくつかの秘密項目のチーフエンジニアを努めました。